ウィンストン フライロッド Winston Fly Rods 正規取扱店 BLUE DUN

Winston Fly Rods in the USA

ウィンストン フライロッド 正規取扱店 BLUE DUN

1929年、Robert Winther (ロバート・ウィンザー)と Lew Stoner (ルー・ストーナー)により、アメリカは西海岸サンフランシスコからウィンストン ロッドの歴史は始まった。
バンブーロッドの中空技術、ホロー フルーテッド構造を世界で初めて開発、キャスティング ディスタンスのワールドレコードが次々と塗り替えられる事となった。 インターナショナル・ファリオクラブ会長であったシャルル・リッツからはバンブーロッドの卓越した製作技術と知識に対し、メダルが授与された。 創業時から引き継がれている、しなやかで心地よいウィンストン・バンブー・ロッドのアクション、ウィンストン・アクションをグラスファイバー、グラファイト、IM6グラファイト、ボロンで見事に再現し、 2ピースロッドのフィーリングと全く遜色のないマルチピースロッドを世に送り出す等、一切妥協をしないというウィンストンの信念があるからこそ実現し、新たなロッド達が生まれ続けている。 パワーと繊細さを両立し、アングラーの意図した通りの答えが必ず返ってくる究極のフライフィッシング・ロッドを追い続けるウィンストン社。 まさに伝統と革新という言葉が相応しいロッド達だ。

Winston Boron III LS

ウィンストン ボロン 3 LS

ウィンストン フライロッド ボロン III LS
ウィンストン フライロッド ボロン III LS
ウィンストン フライロッド ボロン III LS
ウィンストン フライロッド ボロン III LS
ウィンストン フライロッド ボロン III LS ウィンストン フライロッド ボロン III LS ウィンストン フライロッド ボロン III LS ウィンストン フライロッド ボロン III LS
SIZE & PRICE
Line Length Weight Grip Price(税別) Stock
#2 7'0" 67g Cigar ¥92,000
#3 7'6" 71g Cigar ¥92,000 ×
#3 8'0" 73g Cigar ¥92,000 ×
#3 8'6" 78g Cigar ¥92,000 ×
#4 8'0" 71g Cigar ¥92,000 ×
#4 8'6" 78g Cigar ¥92,000
#4 9'0" 80g Cigar ¥92,000 ×
#5 8'6" 78g Cigar ¥92,000 ×
#5 9'0" 85g Cigar ¥92,000 ×
〇:即納 △:翌日〜平日の2営業日内に出荷
×:日本総代理店の次回入荷時(入荷時期未定)
DETAIL

ライトラインロッドのニュースタンダードの登場です。
それは何もWinstonのラインナップの中の話だけではなく、世界中のフライロッドマーケットにおいてもそうであると言っても過言ではないでしょう。
とりわけ、日本のフライフィッシャー達には、この上ない朗報であると言えます。
Boron III LSは、小規模な渓流でのフライフィッシングにおいて最も重要なファクターである「ソフトプレゼンテーション」と「アキュラシー」という、ともすれば相反するファクターを高い次元で両立させました。
それは、"Winston Action"と称される繊細ながら「芯」のあるWinston伝統のアクションを、近代Winstonの中核であるBoronテクノロジーを使用し、更にモダンでレスポンシブに発展させ、ミディアムファストに仕上げたことにより実現しました。
ミディアムファストと聞いて硬いロッドと考えるのは早合点。
Winstonが常に「繊細さ」を忘れないことはウィンストンファンなら既知のことでしょう。
Winsotnの80余年にもおよぶ長い歴史に裏打ちされた適度な「ハリ」と美しいベントカーブがもたらす極上のフィーリングをご堪能ください。
以上 Text by T's

SPEC
  • 4pc
  • Medium-fast Action
  • プレミアム・グラファイト・ロッド・チューブ付
  • Made in Twin Bridges, U.S.A

*△×印の商品は「返品不可・同メーカーの他モデルに交換可能」となります。

*×印ご予約モデルのお支払方法は、前払い(銀行振込)のみとなります。予めご了承ください。

【Boron III LSって実際どぉなのよ】
かの日本の渓にマッチしたモデル、BoronUtが惜しまれつつ廃番となった今。その後継とも呼ばれる III LSシリーズ。
本国で販売されているあのらしくないリールシートの他にクラシックなモデルを用意してくれたお陰で見た目はOK、肝心の中身は一体どぉ?

BoronUt803とBoron III LS803を比較してみた。

LSは持った瞬間に「しっかりしている」というのが第一印象。
実際に量ってみると・・・10gほどLSには重量があった。
振ってみると III シリーズとは思えないしなやかな曲がりを見せてくれた。
軽く振っただけでバットから曲がってくれる、正にUtのアレです。
ティップも繊細だけどUtの方がより繊細でUtに筋肉をつけた感じ、まぁT'sさんのいう「ハリ」という言葉が適切なのかも。

Utよりも「アキュラシー」を追求し、従来の III シリーズよりも「ソフトプレゼンテーション」を追求した結果、適度な「ハリ」のある良いロッドが出来ました。という事ではないでしょうか。
早い話が、しっかりウィンストンアクションを引き継いだ良いロッドです。