オンライン・フライフィッシング・スクール

  • はい、皆さんいかがでしょうか。
  • フライキャスティングの初めの一歩を踏み出してみましたが、どんな感じでしょうか?
  • もうすでにループの感じを掴めた人・まだいま一つ上手くいかない人・とりあえず画面上でイメージを掴み、これなら出来そうだと思い始めた人・・・。
  • まぁ色々だと思いますが、今回はフォールスキャストをもっと確実にするための問題点とその解決方法についてです。
  • まずは前回のおさらいから。
  • ロッドを大きく振り下ろしてしまうと、ループが大きくなりラインは下に落ちます。
  • ラインにループを作り、その結果ラインが伸びていく。これを前後に空中で滑らかに繋げていく。これがフォールスキャストでした。
  • きちんとしたループを作ることが最初にして最大のテーマなのですが、これがいざフォールスキャストを始めてみると、どうしても「投げる」という意識が先になってロッドを大きく振ってしまうためにループが出来ずラインが伸びていかない。
  • だから、余計な力を入れて更にロッドを振る。
  • という悪循環になっている人が多いようです。
  • 前回の注意点でも指摘しておきましたが、これが一番重要なことなので、もう一度先ほどのアニメーションを見てみましょう。
  • アクション
  • 後方に伸びたラインを、竿先(以下ロッドティップと呼ぶ)で直線的に前方へ引っ張ってくるイメージでロッドを起こして行き(バックキャストはその逆)ロッドティップの力がそのまま直線的に前へ伝わるように一定の角度でロッドを止めます。
  • そうすることによってループが発生し、ラインはロッドティップが直線的に力を伝えた方向へ伸びていくのです。
  • フォールスキャスト
  • ロッドティップが大きく弧を描くように振ってしまうと、ロッドの力はティップが動いた弧の軌跡に沿って分散してしまうのでラインも大きな弧を描き伸びていかず、途中で失速して下に落ちてしまいます。
  • 前後に直線的にパワーを伝える感じを掴んで下さい。
  • ちょうど「ダーツを的に向かって投げる感じ」が、パワーを真っ直ぐ伝えるイメージになると思います。
  • 次に、その他の典型的な問題点を上げてみましょう。
  • ループが捻じれている
  • 写真のように、ループの上下が平行にならずに捻じれた形で伸びていく人がいるかと思います。
  • フォールスキャスト
  • これは、ロッドティップが前後で同一軌跡を通ってないために起こります。(写真・左)
  • えっ?それどうゆうこと?ちょっと分かりにくいですねぇ。
  • では短い棒か何かをロッドを持つ感じで持って、その先を障子の桟かカーテンレールにでも当てて前後に動かしてみて下さい。
  • そうです。それがロッドティップが前後に真っ直ぐ動くということなのです。
  • ティップが回ってしまったり、前後で違う線上を通るとループが捻じれてしまうのです。
  • こうなると方向性が悪くなり正確にキャストできませんし、大きなパワーロスになってしまいます。
  • どうしても始めのうちは、バックキャストのときにティップが自分の後ろに回り込んでしまう人が多いようです。
  • グリップを持った手を真っ直ぐ後ろに動かしているつもりでも、ボールを投げる時のように手首が回ってしまうと、その結果ロッドが自分の上に傾きティップは直線上から外れてしまうのです。(写真・中)
  • このようにロッドティップが自分の後ろに回り込んでいるとラインが背中に当たったりするのです。
  • この矯正には、先ほどのカーテンレールのイメージトレーニングが効果的です。
  • ループが捻じれないようロッドティップが真っ直ぐに動くよう練習しましょう。(写真・右)
  • テイリングループ
  • テイリングループ
  • ループが途中で交差してしまうことをテイリングループと言います。
  • こうなるとリーダーが絡んだり結び目が出来てしまったりしてトラブルの元ですし、やはり正確なキャストになりません。
  • どうしてラインが交差してしまうのでしょう。
  • いくつかの原因が考えられますが最も多いのがキャスティング中で、どこかにショックが入っているということです。
  • ロッドを止めるという意識が強すぎてガツンって感じで止めたり、やっぱり自分で投げようという意識でロッドにラインが「のってくる」のを待てずに、いきなりガクンと力をいれてロッドを振ってしまったりするとラインは交差してしまいます。
  • また、ループを作ろうと意識しすぎてティップの方だけをピンと曲げて投げようとしてもテイリングループが起きやすくなります。
  • あるいはバックキャストでロッドを振り下ろしてしまいラインが大きな弧を描き、それをフォワードだけいきなり直線的に持ってきてもラインはテイリングを起こします。
  • テイリングを起こしてしまったら、もう一度始めからゆっくりとやってみましょう
  • どこかで急激に力を入れるようなことをしてはいけません。
  • キャスティングのイメージは最初のバックキャストのところで説明したように、滑らかにパワーを入れて行きロッドにラインの重さをのせ、これをグーっとグリップを握り込むような感じで止めてパワーを前方(または後方)に解放してあげることです。
  • 後ろでパチンと音がする
  • バックキャストからフォワードに移るタイミングが早すぎるとこうなります。
  • あるいは、きちんとバックキャストが出来ていなくてラインが失速して伸びていかず落ちてしまうのを、無理にフォワードキャストにもっていこうとしてもパチンといってしまいます。
  • やはり、しっかりとループを作りラインが伸びきるタイミングでフォワードキャストに移る「間」を習得しましょう。
  • ラインが自分に向かって飛んでくる
  • バックキャストのときに、ロッドティップが自分の上を通過するように振る。つまり、ロッドが自分側に傾くとこうなります。
  • ロッドティップがちゃんとグリップを構えた上を通るか、傾けるならやや外側に傾けてキャストしましょう。
  • このようなことが練習をしていくと起こってくる問題点でしょう。
  • これに注意してさらに確実なフォールスキャストをめざしもう少し練習して下さい。
  • 慣れてきたところでそれでは第二段階です。より実践に近づけていきましょう。
  • ラインを持ってフォールスキャストをする
  • ラインを持ってフォールスキャストをする
  • 実際のフライフィッシングでは、ロッドを持っていない方の手(右手でキャストしていれば左手)でラインを持ってキャストします。
  • ですから、これからはラインを持って練習しましょう。
  • 持ち方は写真のようにラインを手の平の上に乗せて、指でしっかりと摘まむようにして、まずは体の前でしっかりと持ったまま今までと同じようにフォールスキャストをしましょう。
  • ラインを持っているというだけで、後は変わりませんよ。
  • 変に、意識しすぎないようにね。
  • ラインを持った手は動かさない
  • ストリッピング
  • ラインを持ってのフォールスキャストに慣れたら、次はフォールスキャストしながら徐々にラインを伸ばしてみましょう。
  • その前に、今出ているラインを少し短く手繰っておきます。
  • フライラインを手繰ってくることをストリッピングと言います。
  • フライフィッシングでは通常出ているラインを短くするときは、いちいちリールで巻き取ったりせずにこのストリッピングでラインを手繰ってきます
  • また魚を寄せてくるときも、大物でラインを引き出されてしまう場合を除いて普通このストリッピングを使います
  • やり方は簡単。
  • 写真のように、グリップを持った方の手の指にラインを掛け、それを手繰ってきます。

  • ストリッピング
  • では、今練習で出していたラインを少しストリッピングし、次のキャストに移ります。
  • キャストするときは、グリップの方に掛けていたラインは放します。
  • それでは短くしたラインで、もう一度フォールスキャストをしましょう。
  • そしてラインが前方に伸びていくところで、摘んでいるラインを緩め、少しだけラインを送ってやります。
  • しっかりとループ出来て伸びていくラインなら、緩めたラインを引っ張って行くはずです。
  • このときに一度に長いラインを出そうと思わないで下さい
  • ラインが失速して次のキャストに移れません。始めは、少しずつ出しましょう
  • ラインを少しだけ送ってやったら、またしっかりとラインを摘んでバックキャストに繋げ、これを数回繰り返して元の練習していた距離に戻します。
  • ここで、無理に距離を長くしていこうとしないでください。
  • 距離を出す練習ではなく、フォールスキャストでラインを出していくことに慣れましょう。
  • 慣れてくれば前後の両方のキャストでラインを出していけますが、始めはフォワードキャストだけでラインを出していくようにします。
  • 手に持っているラインを緩めて出してやるタイミングは、ループが出来て前方に伸びて行くところです。

  • ところが始めのうちはロッドを止めてループができるところ、すなわち一番パワーを伝えるべきタイミングでラインを放してしまう人が多いようです。
  • 特に、ルアー釣りをしている人はこうなる傾向があります。なぜならルアーを投げるのは、このタイミングだからです。
  • フライラインが飛んでいくのはループが出来て、伸びていくラインが手元のラインを引っ張っていくのであって、ルアーを放すタイミングでは早すぎます。

  • フライラインを繋ぎます
  • では、もう一度感じをつかむための練習をしてみましょう。
  • 今までキャストしていた距離から、1メートルほど手繰った長さで数回フォールスキャストをして次のフォワードキャストでロッドを止め、ラインが伸びていくところでラインを放してみましょう。
  • すると、手元のラインは引かれて伸びていくはずです。
  • このように、最後のキャストでラインを放し手元のラインをまとめて伸ばすことをシュートと言い、ロングキャストの有効なテクニックになるのですが、伸びていくラインを完全に放してしまわずに、まだ余力があるところでまたしっかりと持ち直してバックキャストに繋げ、これを繰り返していけばフォールスキャストで徐々にラインを出していくことになるのです。
  • ダブルホールキャストをマスターする
  • ダブルホールとは、普通のフォールスキャストに手でラインを引くことを加えることによって、ラインの飛んで行くパワーが増しラインスピードも上げ、その結果ロングキャストも、よりやり易くなるテクニックです。
  • しかしここで注意したいのは、ダブルホールがキャスティングの万能テクニックだと思って、こればっかりに頼ろうとするとかえって上達の妨げになってしまうということです。
  • あくまでも基本のフォールスキャストがしっかりと出来て、それに加えることで威力を発揮するテクニックなのです。
  • それでは実際に見ていきましょう。

  • まずダブルホールのホールとはラインを引っ張るということで、それをフォワードとバックキャストの両方でやるのでダブルなのです。
  • では、引っ張るというのはどういうことなのでしょう。
  • まずフォールスキャストでバックキャストの開始では、前方に伸びているラインをロッドティップが後方へ向けて引っ張って行くようになります。
  • そして、それが徐々に加速されロッドが停止した後にループが出来て、後方にラインが伸びていくのでした。
  • ホールとは、この後方へロッドがラインをもっていく時にラインを手で引いてさらに加速してやることなのです。
  • 同じことを、今度はフォワードキャストのときにすることでダブルホールキャストになります
  • もう一度、順を追ってダブルホールを見てみます。

  • バックキャストのスタート時
  • 1. バックキャストのスタート時
  • ラインを持っている手(以下ラインハンド)も、ラインを引くために前方に伸びている。

  • バックキャストに合わせてラインハンドも下に引き降ろすようにしてラインを引っ張る
  • 2. バックキャストに合わせてラインハンドも下に引き降ろすようにしてラインを引っ張る
  • ラインを引くタイミングは、ロッドをストップするとき時がマックスになるように引く。
  • ロッドは停止したままラインは後方に伸びていく。
  • 伸びていくラインに引かれるようにして、ラインハンドもロッドグリップのあたりに移動していく。
  • 次にラインを引くために、この動作は重要です。
  • ラインがしっかりと後方に伸びていかなければ、ラインハンドを上に持っていってもラインはたるむだけでかえって失速してしまう。

  • フォワードキャストを開始
  • 3. フォワードキャストを開始
  • キャストに合わせて、ラインハンドを下方向に引き降ろしてラインを引く。
  • バックキャスト同様に、ロッドをストップするタイミングでラインも引き降ろすようにする。

  • ロッドはそのままでラインはスピードを増して前方に伸びていく
  • 4. ロッドはそのままでラインはスピードを増して前方に伸びていく
  • 必要に応じてラインを手から滑り出しながら、ラインハンドを次のフォールのためにグリップ近くにもっていく。
  • 最後のフォワードキャストでラインを引き込み、そのままラインを離せばシュートにつながる。
  • 以上が、ダブルホールキャストの一連の動作になります。
  • フォールそのものは、そんなに難しいものではありませんし、タイミングも掴めると思います。
  • キーポイントは、ラインを引いた後に次のキャストでまたホールするためにラインが伸びていくのにつれて、ラインハンドを上に送ってやることです。
  • これが出来なければ、前後でしっかりとホールできませんし、やみくもにラインハンドを送ってもラインが失速するだけです。
  • これに注意して、焦らずゆっくりやってみましょう。
  • タイミングが合えば、ラインにグンと力が増すのが感じられるでしょう。

次回は、第6回 : プレゼンテーション